2011年09月23日

自家製・擬似ネギの作り方

イベント終了後、
「 これ、ください! 」 とおにゃのこからお願いされ
気をよくしてうp。

案内板としても活躍しました
自家製・擬似ネギの作り方 ボカロシアターver.をさらしてみるデス。



01.材料はB4の画用紙、白と緑のみ。
  道具は両面テープ・木工ボンド(普通のノリで代用可)・はさみ・
  直径10mm程度の丸棒50cm。
  すべて100円ショップで揃えられます。
01.jpg

02.白の画用紙を横に使い、下から10cm程度の位置と一番上に
  両面テープを貼ります。
  丸棒を使い、下から巻いていきます。
  両面テープの台紙は予めはがしておきましょう。
04.jpg

03.一気に丸めていきます。これでネギの白い部分完成。丸棒はまだ抜かないように。
06.jpg

04.続いて青い部分をつくります。緑の画用紙を半分に切り、B5サイズにします。
  B5を縦に使い、手順02〜03と同様に両面テープを貼り、
  白い部分の上に巻いていきます。
08.jpg

05.手順04で切った半分を更に半分にしてB6サイズにします。
  今度は用紙を横に使います。同じく両面テープを貼って巻きます。
10.jpg

06.手順05で作ったモノを棒から外し、切れ目を3cmほど入れます。
  さらに、切れ目を入れた先から、左右斜めに切れ込みを1cmほどいれます。
12.jpg

07.斜めに切れ込みを入れた部分を押し込みます。
13.jpg

08.切れ込みを入れて開いた部分の縁に両面テープを貼っておきます。
14.jpg

09.手順07で押し込んだ部分に木工ボンドを塗ります。
  補強的な意味合いなので、使わなくても良いかもしれません。
15.jpg

10.手順04で作ったモノにくっつけます。角度はお好みでどうぞ。
16.jpg

11.葉の青い部分の内側に木工ボンドを塗り
17.jpg

12.白い部分をぶっさせ・・・ゲフンゲフン、差し込めば
18.jpg

13.完成。 人を殴ると痛いので丸棒は抜いておきましょう。安全第一。
19.jpg

14.せっかくなので一工夫。青い部分を白い画用紙に置き換えてネギを作ります。
  使うのは緑・黄色・白のアクリル絵の具と溶剤。
  アクリル絵の具は100円ショップで揃うし、溶剤は水で代用可。財布に優しい。
21.jpg

15.アクリル絵の具を調色します。
  青い部分の先と根元で色が違うので2色(緑と黄緑)作っています。
27.jpg

16.先にネギの白から緑に変わる部分を塗ります。黄緑を使います。
  写真ではエアブラシを使ってますが、筆塗りでもモチロンおk
  続いて先っぽの青い部分を塗っていきます。
24.jpg
(先っぽは、中身まで塗るのがポイントです)

17.完成。
25.jpg

18.更に一工夫。夜光塗料を上塗りすれば、暗闇で光ります。
26.jpg



ちょっとググってみますと、
ボーマス、ボカフェス、ボカカフェ等々
年末までの間に日本各地で
ボカロイベントが行なわれるようです。

小道具一つで盛り上がり度↑↑↑
ネギの自作を考えている方は、参考にしてみてください(*´∀`*)
DSC_4257-2.jpg
posted by ino! at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。